院長挨拶

院長 芳賀 彰 写真

⼤江眼科のホームページをご覧いただきありがとうございます。
院⻑の芳賀彰(はがあきら)と申します。
この度ご縁があり⼤江の地で眼科を開業させていただくことになりました。

私はこれまで熊本⼤学病院にて網膜専⾨外来の主任として難治性の網膜硝⼦体疾患の診療に携わってきました。特に網膜硝⼦体⼿術を中⼼に特殊な対応が必要な⽩内障⼿術や低侵襲緑内障⼿術などの⼿術加療を積極的に⾏なってまいりました。

機械や技術の進歩によって現代の眼科⼿術の多くは⼿術当⽇のご帰宅が可能となっております。しかしながら網膜硝⼦体⼿術においては熊本での⽇帰り⼿術は他都市と⽐べて⼗分に普及しているとはいえない状況です。

⼤江眼科では私のこれまでの経験を活かし、網膜硝⼦体、⽩内障、緑内障すべての⼿術を⽇帰りで⾏うことで患者様の⽇常⽣活への影響を少しでも減らすことを⽬標として診療を⾏なってまいります。

当院を受診していただくすべての患者様⼀⼈ひとりに寄り添った医療を提供できるよう努めてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

芳賀 彰

略歴

2008年
熊本大学医学部医学科卒業
2008年
熊本市民病院勤務(医師臨床研修)
2009年
熊本大学病院勤務(医師臨床研修)
2010年
熊本大学病院眼科勤務(医員)
2011年
熊本赤十字病院眼科勤務(医員)
2013年
熊本大学病院眼科勤務(非常勤医員)
2017年
熊本大学大学院医学教育部博士課程修了(医学博士取得)
2017年
熊本大学病院眼科勤務(助教)
「病棟医長・教育医長」を歴任
「網膜専門外来チーフ」を担当
2024年
大江眼科院長

資格

  • 医学博士
  • 日本眼科学会認定眼科専門医
  • 眼科光線力学療法認定医
  • ボトックス認定医
  • 屈折矯正手術講習会受講修了
  • オルソケラトロジー講習会受講修了
  • 水晶体嚢拡張リング講習会受講修了
  • 身体障害者福祉法指定医・指定難病指定医
  • 令和5年度視覚障害者用補装具適合判定医師研修会受講修了
  • 特定化学物質・四アルキル鉛等作業主任者技術講習修了

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本緑内障学会
  • 日本白内障屈折矯正手術学会

院長手術業績(過去6年分)

2023年

手術件数:406件
  • 熊本大学病院:298件
  • 高千穂町立病院:108件
内訳
白内障手術
水晶体再建術+眼内レンズ挿入術 155件
眼内レンズ強膜内固定術(硝子体手術併用含む) 22件
硝子体手術(白内障手術併用含む) 189件
緑内障手術 2件
網膜復位術(輪状締結術含む) 19件
翼状片手術 5件
その他手術 14件
*レーザー治療は含まず

2022年

手術件数:351件
  • 熊本大学病院:278件
  • 高千穂町立病院:73件
内訳
白内障手術
水晶体再建術+眼内レンズ挿入術 151件
眼内レンズ強膜内固定術(硝子体手術併用含む) 27件
硝子体手術(白内障手術併用含む) 140件
緑内障手術 6件
網膜復位術(輪状締結術含む) 12件
翼状片手術 5件
その他手術 10件
*レーザー治療は含まず

2021年

手術件数:395件
  • 熊本大学病院:289件
  • 高千穂町立病院:106件

2020年

手術件数:426件
  • 熊本大学病院:324件
  • 高千穂町立病院:102件

2019年

手術件数:382件
  • 熊本大学病院:293件
  • 高千穂町立病院:89件

2018年

手術件数:357件
  • 熊本大学病院:268件
  • 高千穂町立病院:89件

院長業績

論文

  • Risk factors for choroidal detachment after trabeculectomy with mitomycin C
    Haga A., Inatani M., Shobayashi K., Kojima S., Inoue T. & Tanihara H.
    Clin Ophthalmol. 7, 1417-1421, 2013
  • Risk factors for hyphema after trabeculectomy with mitomycin C
    Kojima S., Inatani M., Shobayashi K., Haga A., Inoue T. & Tanihara H.
    J Glaucoma. 23, 5, 307-311, 2014
  • Merlin Regulates Epithelial-to-Mesenchymal Transition of ARPE-19 Cells via TAK1-p38MAPK-Mediated Activation.
    Takahashi E., Haga A. & Tanihara H.
    Invest Ophthalmol Vis Sci. 56, 2449-2458, 2015
  • Effects of mechanical stress and vitreous samples in retinal pigment epithelial cells.
    Takahashi E., Fukushima A., Haga A., Inomata Y., Ito Y., Fukushima M. & Tanihara H.
    Biochem Biophys Res Commun. 470, 569-574, 2016
  • Differentiated Expression Patterns and Phagocytic Activities of Type 1 and 2 Microglia.
    Haga A., Takahashi E., Inomata Y., Kawahara K. & Tanihara H.
    Invest Ophthalmol Vis Sci. 57, 2814-2823, 2016
  • The Incidence of Rhegmatogenous Retinal Detachment in Kumamoto, Japan between 2009 and 2011
    Haga A., Kawaji T., Tsutsumi T., Ideta R. & Tanihara H.
    J Clin Exp Ophthalmol. 8, 647, 2017
  • Treat-and-extend versus every-other-month regimens with aflibercept in age-related macular degeneration.
    Haga A., Kawaji T., Ideta R., Inomata Y. & Tanihara H.
    Acta Ophthalmol. 96, e393-398, 2017
  • Stimulation of the adenosine A3 receptor, not the A1 or A2 receptors, promote neurite outgrowth of retinal ganglion cells
    Nakashima K., Iwao K., Inoue T., Haga A., Tsutumi T., Inoue M., Fujimoto T., Tanihara H.
    Exp Eye Res. 170, 160-168, 2018
  • アルコール依存症に合併した栄養欠乏視神経症の1例
    あたらしい眼科38-3,2021
    福島亘希, 芳賀彰, 筒井順一郎, 井上俊洋

学会発表

  • 第12回有明眼科懇親会 佐賀 2011年 4月2日
    難治性ベーチェット病に対するインフリキシマブによる治療経験
    芳賀 彰, 堤 孝之, 相良 仁奈, 行徳 雄二, 谷原 秀信
  • 第115回日本眼科学会総会 東京 2011年5月12日~15日
    トラベクレクトミー術後にみられる脈絡膜剥離の危険因子
    芳賀 彰, 稲谷 大, 正林 耕平, 小島 祥, 井上 俊洋, 谷原 秀信
  • 4th World Glaucoma Congress Paris 2011 6/29-7/2
    Risk factors for choroidal detachment after trabeculectomy with mitomycin C
    Haga A., Inatani M., Shobayashi K., Kojima S., Inoue T. & Tanihara H.
  • The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting Denver 2015 5/3-7
    The subtypes of retinal microglia in rat after optic nerve crush injury
    Haga A., Takahashi E., Inomata Y., Tanihara H
  • 第554回熊本眼科集団会 熊本 2015年3月28日
    当院における加齢黄斑変性症に対するアフリベルセプトの使用経験
    芳賀彰, 川路隆博, 猪俣泰也, 相良仁奈, 堤孝之, 谷原秀信
  • 32nd Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress Singapore 2017 3/1-5
    Prospective Trial of Treat-and-Extend versus Every Two Months Dosing with Aflibercept for Wet Age-Related Macular Degeneration
    Haga A, Kawaji T, Ideta R, Inomata Y, Tanihara H.
  • 第558回熊本眼科集団会 熊本 2018年3月18日
    1型と2型ミクログリアの異なる局在と貪食能
    芳賀彰
  • 第121回日本眼科学会総会 東京 2017年4月6日~9日
    加齢黄斑変性症に対するアフリベルセプトtreat and extend法と2ヶ月毎法の1年成績
    芳賀彰 川路隆博 出田隆一 猪俣泰也 谷原秀信
  • 第560回熊本眼科集団会 熊本 2017年3月24日
    当院における中心性漿液性脈絡網膜症に対する光線力学療法の治療成績
    岩下昇平, 芳賀彰, 有村和枝, 福島亜矢子, 松村智世, 川畑和弘, 西澤麻保, 谷原秀信
  • 第562回熊本眼科集団会 熊本 2019年3月23日
    当院における加齢黄斑変性診療の現状と抗VEGF薬治療の病診連携について
    芳賀彰, 井上俊洋
  • 第562回熊本眼科集団会 熊本 2019年3月23日
    白内障手術中に発症した網膜中心動脈閉塞症の一例
    草野雄貴, 芳賀彰
  • 第564回熊本眼科集団会 熊本 2021年3月20日
    抗血管内皮増殖因子薬ブロルシズマブ硝子体内注射後に発症した眼内炎症の2例
    上村剛史, 芳賀彰, 福島亘希, 村田夏実, 井上俊洋
  • 第566回熊本眼科集団会 熊本 2022年3月26日
    抗血管内皮増殖因子薬ブロルシズマブ投与後に網膜中心動脈閉塞を発症した一例
    佐藤一徳 芳賀彰 福島亘希 福島亜矢子 

セミナー

  • 第5回 AMD Expert Clinical Conference (東京) 平成30年6月10日
    AMD Expert Clinical Conferences症例検討
  • Alcon社内研修会 (熊本) 平成30年10月3日
    加齢黄斑変性症の診断・治療
  • バイエル薬品社内研修会 (熊本) 平成31年7月4日
    熊本大学医学部附属病院における加齢黄斑変性症の診断・治療について
  • 第6回 AMD Expert Clinical Conference (東京) 平成31年6月16日
    AMD Expert Clinical Conferences症例検討
  • ノバルティスファーマ社内研修会 (熊本) 平成31年7月4日
    加齢黄斑変性症の診断・治療
  • 第12回 くまメン会 (熊本) 平成31年
    熊本大学医学部附属病院における加齢黄斑変性症の診断・治療について
  • 第4回 九州網膜硝子体疾患先端研究会 (福岡) 令和元年8月17日
    硝子体注射時に後極部網膜穿孔を生じた一例
  • 熊本県眼科医科 眼の健康講座 (熊本) 令和元年9月29日
    ゆがむ眼の病気 〜加齢に伴う網膜疾患〜
  • NOVARTIS PHARMA WEB SYMPOSIUM (熊本) 令和元年11月5日
    wAMDに対する抗VEGF薬治療の病診連携
  • 第24回 眼科手術勉強会 in 熊本 (熊本) 令和2年1月19日
    眼科手術 – 現状と課題
  • 第1回 Next Generation Workshop (熊本) 令和2年7月4日
    コロナ禍におけるAMD診療
  • 第8回 熊本網膜疾患 Update Seminar (熊本) 令和2年8月21日
    コロナ禍におけるAMD診療
  • NOVARTIS PHARMA WEB SYMPOSIUM 熊本 (Web) 令和2年9月10日
    wAMDにおける治療戦略
  • NOVARTIS PHARMA WEB SYMPOSIUM 熊本 (Web) 令和3年1月21日
    ベオビュを使用したwAMD治療
  • 南九州 Ophthalmology meeting (Web) 令和3年3月25日
    治療に迷うAMD症例〜次の1手は?〜
  • 第2回 ベオビュ虎の巻 (熊本) 令和3年7月3日
    患者ムンテラと県内の病診連携
  • 参天製薬社内研修会 (熊本) 令和3年7月8日
    wAMDにおける治療戦略
  • 第8回 火の国眼科セミナー (Web) 令和3年9月8日
    白内障手術時に硝子体注射による後嚢破損をきたしていた加齢黄斑変性の2例
  • 第8回 AMD Expert Clinical Conference (Web) 令和3年10月24日
    ベオビュの現状の処方症例と今後の活用法
  • 第3回 ベオビュ虎の巻 (熊本) 令和3年11月19日
    ベオビュ投与後の経過観察
  • 第1回 熊本サージャンMTG (熊本) 令和3年12月14日
    金属片による眼球二重穿孔をきたした例
  • Kowa Web Conference 熊本 (Web) 令和4年3月17日
    熊本大学病院における網膜硝子体診療
  • 第75回熊本眼疾患研究会・第401回熊本県眼科医会研修会 (Web) 令和4年4月22日
    熊本大学における加齢黄斑変性診療
  • EYLEA 10th ANNIVERSARY WEB Event in九州 (Web) 令和4年6月3日
    加齢黄斑変性に対する抗VEGF治療の現状と課題
  • 中外製薬社内研修会  (熊本) 令和4年8月25日
    加齢黄斑変性に対する抗VEGF治療
  • 南九州 Ophthalmology meeting (Web) 令和4年9月15日
    アフリベルセプトからブロルシズマブに変更した糖尿病黄斑浮腫の2例
  • Beovu Update Meeting (熊本) 令和4年12月13日
    AMD診療におけるベオビュ投与の適応とフォローアップのポイント
  • Kowa Web Conference 熊本 (Web) 令和5年1月19日
    最近の網膜硝子体診療
  • 第1回熊本バビースモ適正使用を考える会 熊本 令和5年3月17日
    熊本県における加齢黄斑変性診療の現状と課題
  • バイエル薬品 社内研修会 (熊本) 令和5年6月8日
    加齢黄斑変性診療コソコソ話
  • 第2回熊本バビースモ適正使用を考える会 (熊本) 令和5年6月23日
    バビースモ切り替え症例の治療効果
  • 令和5年度第1回病院薬剤師スキルアップセミナー (Web) 令和5年9月21日
    コメディカルにも知ってほしい加齢黄斑変性診療〜病態、診断、治療についてわかりやすく解説します〜
  • 第97回熊本大学病院群 生涯教育・研修医セミナー (熊本) 令和5年7月19日
    眼科の基本知識と救急疾患
  • バビースモWEBセミナー in 九州・沖縄 (Web) 令和5年7月20日
    バビースモ切り替え症例の治療効果
  • 第3回熊本バビースモ適正使用を考える会 (熊本) 令和5年12月21日
    熊本大学病院におけるバビースモの使用経験について

著書

  • 閃輝性硝子体融解, 硝子体アミロイドーシス. 後眼部アトラス(近藤峰生、辻川明孝 編)2019 : 325, 328-329
  • すべて見せます!患者説明同意書マニュアル:眼内レンズ摘出, 黄斑円孔. 臨床眼科2020 : 182-183, 236-238
  • 水晶体脱臼、亜脱臼:眼科診療ガイド第2版(根来昭 編)2024 (in press)

医学に関する雑報

  • 加齢黄斑変性.  読売新聞 令和4年7月31日朝刊

公的競争的研究資金

  • 科学研究費助成事業(学術研究助成基金) 平成30年度-令和2年度:若手研究
  • 脈絡膜新生血管におけるミクログリア亜種とアミロイドβの関係に関する研究

受賞

  • 第16回 熊本大学眼科学術奨励賞 2017年